守谷市 【冷えについて】

守谷市 【冷えについて】

投稿日
2018年10月03日 (最終更新:2018年10月3日)
カテゴリ
不妊症

オンワーク治療院 院長の山田です。5f9e14723a0f18b4f45ad061297934e6_s

夏が終わって少しづつ涼しくなってきましたね。

これから気温差が激しくなるにつれて起こりやすいのが冷えです。

以前は夏の時期におこりやすく不妊や更年期にも関係する冷えということでもお伝えしましたが、これからは気温などに影響してくる冷えに気を付けて、身体に負担のない生活を送りましょう。

 

身体の冷えについて

現代の女性はおよそ約7割、男性でも冷えは増えてきています。現在では約4割程度の方が悩まされるといわれています。

冬に冷えを感じるのは多少しょうがない点もありますが、しもやけになってしまう方もいらっしゃるはずです。

 

東洋医学では「冷えは万病の元」と言われるように、最近冷えを感じやすいという方は、身体を見直す必要があるかもしれません。

もしかすると身体の冷え=身体の問題が関係している可能性があるかもしれません。

冷え性との方の多くは指先や足先の末端の冷えというイメージがあるかもしれませんが、

婦人科の問題やストレスなどでお悩みの方に多い冷えは、お腹やお尻、太ももの周囲の冷えです。

この部分の冷えは単に血流だけではなく、内臓疲労や、下垂などによる内臓機能の低下をもたらしてしまっている可能性があります

もちろん、指先や足先の冷えの方は、全身の血のめぐりが弱い結果といえます。

 

冷えると身体はどうなるの?

人間の身体は冷えると、自然と温めようとする働きがあります。

例えば寒いときに身体が震える、鳥肌が立つなど、これらは身体を温めようとするために無意識の中で起きます。

筋肉を細かく震わせて身体に血液を巡らせて、熱を作っていきますがこの働きが長引いてしまったり、繰り返し起こってしまうような場合、身体のエネルギーが減ってきてしまい身体は疲れてしまいます。すると働きが落ち、血液循環が弱まり、全身に血を巡らせづらくなってしまいます

なんとか必死に身体は働こうとして、どんどん身体に負担がかかってしまい、疲労物質が蓄積して身体に痛みや不調が現れてきてしまいます。

 

まずは出来ることから♪

まずはお風呂につかりましょう。

当院にお越し下さった方を対象にお話を聞くとおよそ8割の方がシャワーのみだったり、たまに湯船につかると話され、

さらにその中の9割の方が冷えを感じると話されていました。

 

お風呂に入れないという方は、まずは「三首」を冷やさないようにしましょう。

「三首」とは・・・首・手首・足首です。

末梢が冷えるという方でもこの首の付く部分を温めるだけでも身体が冷えづらくなってきます。

身体は1℃体温が下がると免疫力も30%程度も下がるといわれています。

 

当院の冷えへのアプローチ

・全身の関節、筋、筋膜の動きの調整

・内臓の調整

・頭蓋骨の調整

を行ない、体の体質から改善していきます。

症状によっては、深部から温める光線というものを取り入れていくこともあります。

 

 

痛みや悩みが冷えに関係するかも、血液循環が悪いかもと思ったならば、ぜひ当院の施術を受けてみてください。一緒に良い身体を取り戻していきましょう。

お悩みの相談だけでも受け付けております♪お気軽にご連絡くださいm(__)m

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加