守谷市 不妊・妊活 整体鍼灸情報 【妊娠のための身体づくり(活性酸素・抗酸化)】

投稿日
2018年5月14日 (最終更新:2018年6月21日)
カテゴリ
不妊症

オンワーク治療院院長の山田です。

不妊や妊活に取り組まれている方は妊娠に向け、どんなことを行なっていますか?

今日は活性酸素と抗酸化というものについてお話させていただきます。

この抗酸化というものは美容やダイエット、アンチエイジングなど様々な分野で有名なので知ってるよ~って方も多いと思います。

酸化=身体がさびつくということ

人間は酸素を取りいれることで生命を維持していきます。その酸素の約2%程度が活性酸素になります。活性酸素は本来悪役ではありません。細菌を排除したり神経伝達を助けたりと大切な役割があります。ただしこの活性酸素が増え過ぎてしまうと正常な細胞を傷つける悪役に代わってしまうんです。

この現象を酸化と言われます。

活性酸素が増えすぎてしまう要因

・喫煙

・過剰な紫外線

・強いストレス

・急激な運動

・科学肥料や農薬

・トランス脂肪酸(マーガリン・ショートニング・マヨネーズなど)

・ファストフード

・インスタント食品

・スナック菓子              などなど・・・

が活性酸素を増やしてしまいます。

抗酸化は食事から

抗酸化=酸化を防ぐ

本来どんな方にも抗酸化作用は身体の機能として備わっています。しかし上記したように活性酸素を増やしてしまう要因はたくさんあります。

そこで肝心なのが“食事”ということです。

人間の身体は食事、睡眠、運動が基本になります。

 

また、後日今度はどんな食べ物が抗酸化のためになるかお伝えしていきます。

知ってるよーっていう方は、負担がない程度に少しづつ抗酸化というものを意識して食事に配慮してみていければ、より良い効果がみられるはずです♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加