院長紹介

痛みを繰り返す身体を根本から変えていくことを目的として施術にあたっています。

院長プロフィール

山田 裕樹(やまだ ひろき)

■出身
茨城県つくば市

■所持資格
はり師、きゅう師

趣味・ハマっていること
サッカー、料理、ゴルフ

このページでは、オンワーク治療院 院長 山田裕樹の今までの経歴や、施術にかける想いなどをインタビュー形式でお届けいたします。

Q. 先生の生い立ちを教えてください

インタビュー

小さい頃は身体がとても弱く、家族にたくさん面倒をかけるような子供でした。
小学校からサッカーをしていましたが、高校時代に腰や膝に痛みを抱え、ごまかしながらプレーを続けていました。
そのとき、たまたまトレーナーの方が来てケアをしてくれたのがきっかけで、身体のことに興味を持ちはじめ、痛みを抱えながら生活を送っている人を良くしてあげたいと思うようになりました。

Q. なぜ施術家になろうと思われたのですか?

サッカーをきっかけにたくさんの恩人に出会ったことで、部活動やスポーツに関わる仕事をしたいと思い、スポーツトレーナーの道に進みました。

その後、スポーツトレーナーと同時に整形外科で勤務していましたが、「もっと施術の幅を広げたい」と思い、鍼灸の専門学校に通いはじめました。
仕事と鍼灸の勉強を両立しながら国家資格を取得し、本格的に施術家の道に入りました。

施術家になろうと決心したのは、家族や周りでケガや病気をする人を見ていて、何もできない自分がいたからだと感じます。
痛みを取ってあげるというのは薬でも可能です。
その他に何かできることがないかと探していたときに、運動や施術が予防になると思いました。
鍼灸や整体を最後の砦という方もいますが、まず身体のコンディションを整えることができるという点では、最前線になるものではないかと感じています。

Q. どんな想いで施術されているんですか?

施術風景

整形外科などで多くのことを学び、施術にあたってきましたが、よくなった人がまた痛みを伴い戻ってくる様子を幾度となくみてきました。

そのうち、痛みという症状を取る目的だけでなく
痛みを繰り返す原因となっている根本から身体を変えていく。
そして以前より使いやすい身体・痛み疲れが出にくい身体を目指すという理念を持つようになりました。

Q. 最後に、このページを見ている方にメッセージをお願いします

当院の施術は、身体の歪みを整えていくことで内臓含め全身の血液循環を促進し、自然治癒力を向上させることで体質から変えていくことができます。

「どこに行っても良くならず、途方に暮れている」 「この症状を今度こそ本気で治したい!」
そんな方にこそ、一度当院の施術を受けてみていただきたいと思います。

もちろん、以前症状が出ていたものを出ないような身体にを保ちたいというコンディショニング施術もお受けしています。

一時的な改善ではなく、体質から根本的に症状を良くしたいという方は今すぐお電話ください。
あなたのご来院をお待ちしております。