守谷市 整体・鍼灸情報 【片頭痛のための食事】

守谷市 整体・鍼灸情報 【片頭痛のための食事】

投稿日
2018年11月29日 (最終更新:2018年11月29日)
カテゴリ
頭痛

6ff0a62b212e36694268f28604b66047_sこんにちは。オンワーク治療院 院長の山田です。

本日は「片頭痛のための食事」についてお伝えしていきます。

多くの方が悩まれている片頭痛ですが、

 

身体を構成していくためにもっとも重要なのが食事です。

食事で片頭痛は良くも悪くも影響していくと言われています。

片頭痛悩まれている方は是非参考にしていただければと思います。

 

✖片頭痛に良くない食べ物✖

ポリフェノール

  • 赤ワイン

 

赤ワインはポリフェノールが多く健康に良いとされていますが、

ヒスタミンという血管拡張を促す物質が多いため注意が必要です。

 

 

ビタミンE

 

チラミン

  • アルコール
  • チーズ
  • キムチ
  • レバー
  • ピザ

チラミンは血管収縮ですが、そこから血管拡張を促し、結果的に片頭痛を誘発してしまいます。

 

亜硝酸塩

  • ハム
  • ソーセージ

亜硝酸塩にも血管拡張を促します。

 

片頭痛に良い食べ物

マグネシウム

  • 納豆
  • みそ
  • 昆布
  • ひじき
  • 豆腐

 

片頭痛に効果があると言われているものがマグネシウムになります。

片頭痛を持っている方の30%~50%の方はマグネシウム不足といわれています。

マグネシウムは血管の過剰な収縮を防いでくれます。

 

ビタミンB2

  • 豚肉
  • ウナギ
  • ほうれん草
  • 納豆

このビタミンB2も頭痛に効果らがあると言われています。

 

食事はセルフケアの一つです

食事を少し気を付けるだけでも、自分自身を助けることになります。

予防になるからと過剰に摂取するのではなく、食事のバランスに気を付けましょう♪

決まった時間に3食とる、栄養バランスに気を付ける。

バランスを気を付けることはそれなりに大変ですが、継続していくことで、

ご自身の身体のためになっていきます。

 

無理のない範囲から少しづつ気を付けてみてください♪

追伸

山田 裕樹

このページをここまで読んでくださりありがとうございます。
オンワーク治療院 院長の山田 裕樹です。

私はこれまで整形外科や整体院で多くのことを学び、痛みなどの不調に苦しむ方を見てきました。
しかし同時に、良くなった人がまた痛みを伴い、戻ってくる様子も幾度となく見てきました。

そんな方々を見ているうち、「痛みという症状を取る」目的だけではなく「痛みを繰り返す原因となっている根本から身体を変えていきたい。そして以前よりも使いやすい身体、痛み・疲れが出にくい身体づくりをしたい」という想いを抱くようになりました。
そんな想いを実現するため、開業したのがオンワーク治療院です。

「どこに行っても良くならず、途方に暮れている」 そんな方にこそ、つらい症状に悩まない生活を、オンワーク治療院で手に入れていただきたいと思います。

ただし、そんな当院でも治せない人が一部いらっしゃいます。
それは、「勝手に治してくれる」と考えている人です。

身体を一緒に元に戻し、以前よりも良い状態にすることが当院の目的です。
そのため、施術では変えることのできない生活習慣(特に食事)の改善をお願いしています。

生活改善などの努力なしに全てをこちら任せにされる方には、残念ながら満足していただけないでしょう。

また、現状説明を適当にされたり、コミュニケーションをはかってくれない方は、適切なアドバイスができなくなってしまうため、施術をお断りさせていただくことがあります。

なぜかというと、つらい症状を本気で治したい!と思っている方と協力して、 こちらも本気で良くしてあげたいと思っているからです。

あなたは今、「不調を呼び込む生活や体質を変えて、本気でカラダの不調を改善したい!」とお考えですか?
もしそう思われているなら、今すぐお電話ください。
オンワーク治療院はきっと、あなたの探し求めていた施術所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加