守谷市 整体・鍼灸情報 【産後の腰痛について】

守谷市 整体・鍼灸情報 【産後の腰痛について】

投稿日
2018年9月03日 (最終更新:2018年9月3日)
カテゴリ
産後骨盤矯正

妊婦 (2)こんにちは。オンワーク治療院 院長の山田です。

本日は「産後の腰痛」についてお伝えしていきます。

痛みが出る方は様々な影響が考えられます。

 

そもそも産後腰痛はなぜ出るのか?

ホルモンの影響

妊娠時からリラキシンというホルモンの影響にようり、骨盤や筋が緩みやすく、関節が動きやすくなっています。ホルモン自体は産後は少しづつ減少していきますが、すぐになくなるわけではないため、骨盤の歪みを生じてしまい腰痛につながります。

 

妊娠中の姿勢の影響

産後に限らず、「妊娠中にも腰痛があった」という方はそのまま産後にも影響が残ってしまうことがあります。そのような方の大半は「反り腰」と言われる状態になっています。

身体を横から見たときに腰が沿っていたり、仰向けで寝ると痛みがあるという方は反り腰の影響があるかもしれません。

 

分娩時の影響

分娩時は赤ちゃんが産道を通り出てくる際に、さらに骨盤が開く状態になることが影響し、歪みなどが生じやすくなることがあります。

育児の影響

産後の育児(産褥期)は骨盤の歪みが起きやすく、身体を安静にしておく必要があります。しかし、お子さんを抱っこをしてあげたい、家事を休めないといった影響で、過度な疲労、ストレス、姿勢の乱れなどの影響で痛みが出たり、悪化してしまうということがあります。

 

腰痛を改善するためには・・・

ホルモンバランスの影響・筋肉や姿勢で重要なのは血流になります。

当院では

頭の調整・内臓の調整・全身の循環をあげることを行なっていきます。

これらの調整により、

・身体の歪みをなくし、血流の良い身体

・ホルモンや自律神経などが働きやすい状態

を作っていきます。

循環が悪くなってしまえば、回復力も下がり、疲労の蓄積が逃がせず、痛みが悪化してしまうなんてことも・・・

施術を通して、自分で自分の身体を回復できる自然治癒力を高めることで、不調のない身体にしていきましょう。

 

オンワーク治療院は産後のママさんのサポートに力を入れております

無事に出産を終え、これから育児に入っていく中での身体の不調は育児に全力を注げないもどかしさになってしまいます。

体調を整え、お子さんやご家族と笑顔で毎日生活していけるように身体を整えていきましょう。

 

腰痛でお悩みの方以外でも、産後から調子が悪い、産後の尿漏れがある、冷えやすくなったなどそんなお悩みの方が多くご来院されています。

産後の不調がある方はお気軽にご相談ください。

お子様づれの方、ご安心ください!ひろびろキッズスペースを ご用意しております

キッズスペース

症状について詳しくはこちら

産後骨盤矯正

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加